テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > ジェスチャー
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





ジェスチャー

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「ジェスチャー」です。


先日、お昼ご飯を食べ終わって、事務所に帰る途中。

営業の方が携帯で何やら謝っています。

「本当にすいません。こちらのミスですので・・・」

「いや、おっしゃる事は分かりますが、納期は・・・」

「すぐにと言われましても・・・」


何かトラブルがあった様で、ひたすら謝っています。

駐車場の空いてるスペースで、汗を拭きながら必死です。

身振り手振りも入れて、謝る時は、きちんと頭を下げています。

ここで、質問です。

皆さんはテレアポをしている時、「ジェスチャー」をきちんと使っていますか?


人は何かを必死で伝えようとしている時は、身振り手振りも入れて
伝えようとします。

逆に、身振り手振りを入れないで伝える事は難しいと思います。

言葉をより伝える為に、人は行動を加えます。


これは、人間の行動としては自然な事です。


しかし、テレアポをしている時に「ジェスチャー」が出ているか?

意外と、これは分かりづらいです。


何故なら、自分がどうやっているかは自分では見る事は出来ないからです。


自分のテレアポをしているところを見る為には、映像にしないと見れません。

ビデオに撮るのが、良いと思いますが、ビデオ機材が必要です。


会社によっては、ビデオ機材があるところもあるかもしれませんが、
無いところがほとんどではないでしょうか?

それから、ビデオ撮りって、結構準備をしないといけないので、
実践的というよりは、特別な行動になってしまいます。


テレアポのチェックとしては、より実践に近い方が良いです。


そこで、良い方法を見つけました。

携帯のムービー機能を使って映像として撮る方法です。

画質は悪いですが、簡単に自分のテレアポを撮影する事が可能です。


ある企業のコンサルで早速やってみました。

実践を自分の携帯で誰かに撮ってもらって、チェックする。


自分の目で見ると、色々な部分で気づきがあります。


今までは、留守電に録音をするという事が携帯の使い方でしたが、
新しい使い方です。


是非、やってみて下さい。


テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.