テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 店舗向けのテレアポ
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





店舗向けのテレアポ

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「店舗向けのテレアポ」です。


最近、「店舗向けのテレアポ」の相談を何件か受けたので、
少し書きたいと思います。


店舗向けのテレアポの場合の問題点は

・お店を営業しているので、忙しく対応してくれない。

・決定権者がお店にはいない場合が多い。


大きな問題はこの2つだと思います。


では、弊社ではどうやっているか?


相手が忙しいので、見て分かる様なFAX原稿を作成しています。

電話をして、主旨を簡単に短く述べて、FAXの許可を貰います。

平行して、決定権者が誰か聞きます。

決定権者が不在が多い場合は、電話に出た人を取り次ぎ役になって貰って、
決定権者にFAXを見せて貰って、会えるかどうかの意思確認をして貰います。

やっているのはこれだけです。

これで結果は出ています。


多くの方は、決定権者を電話に出す事を考えます。
そして、電話ですべてを行おうとします。

電話でこと細かく説明します。


しかし、人は電話でこと細かく説明されるが嫌いです。


頭の隅に、昔受けたしつこいテレアポがこと細かく説明していた記憶があります。


電話される側は「シンプル」な対応を希望します。

しかし、電話する側は「複雑」な対応が説得の手段だと思っています。


ここに矛盾があります。


電話出来る事の限界。

相手の心理。


これらを考えた対応が必要です。

お店で接客している、忙しい相手に早口でしゃべっても3%も伝わらないでしょう。

ですので、FAXの許可だけ貰う。

このFAXに何を書くかもポイントです。

相手が興味を持つような、構成の仕方・書き方があります。


代行・コンサルでは、この部分を徹底的に作りこみます。

完成度が高ければ、FAXDMとしても使えます。


テレアポのコンサルや代行では、テレアポそのもののやり方の差別化だけなく、
ツールの活用や販売手法の見直しや、「売る為、売れる為の方法論」を
見出す事をします。


場合によっては「テレアポ」をしません。


他の手法、ウェブサイトでの手法やチラシ戦略を行う場合があります。


最近は「集客のコンサルタント」もしております。


テレアポ以外の集客に関するノウハウも持っています。


話を戻しますが、
店舗向けのテレアポは、何を話すかとFAXの出来が勝負を決めます。


ご興味がある方はお問合せ下さい。


テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.