テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 会ってくれたらお金をあげます
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





会ってくれたらお金をあげます

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法


今回は、「会ってくれたらお金をあげます」です。


今回の内容、結構衝撃的です。

ある時に、こんな電話が掛かってきました。

相手「おたくは、テレアポ代行の会社だよね。さっき、ウチに会ってくれて話を
聞いてくれたら、お金をあげるって電話してきた?」

私「え、何の事ですか?」

一瞬、何の事か分かりませんでした。

代行で、アポインターがミスをしてのクレームか?と考えましたが。


良く話を聞くと、

掛けてきたのは、社長さんで、社長が外出している時に、部下の方が
対応したらしいのですが、ある商品の営業電話を代行している会社から

「会ってくれて話を聞いてくれたら、お金をあげます」と。

この電話をしたのは、アンタの会社か?

お金をくれるなら会うよ と。

その社長さんは、営業力の無い会社が代行を頼んで電話をしてきた、
しかし、部下が連絡先を聞き忘れた。

そこで、ネットでテレアポ代行をしている会社を調べて電話をしている様です。


いやーー、これ事実です。


昔、本にテレアポが嫌われているので、イメージを払拭する為に、
「お金を貰えるテレアポでもしないと、話を聞いてくれる人が居なくなってしまう」
と書きましたが・・・

テレアポでお金が貰えるという噂が流れれば、少しは対応が変わるかと。

本当にやっている人がいるのには驚きです。


恐らく、アポが取れないので、話を聞いて貰う為にやっているのでしょう。

そして、会ったら粘るか、強引な営業をするのでしょう。


こういう事をやって、良い結果が出るでしょうか?

継続して結果が出るでしょうか?


また、こういう代行を引き受ける会社もどうかと思います。


私は代行をやっていて、「お引受しないケース」があります。

・何でもイイからヤレというケース
・競合が同じ様なやり方で電話をしていて、それと同じやり方をする場合


戦略や戦術が決まっていないと、なかなか取れません。

どこに売るのか、どうやって売るのか、この商品の売りは何か、
こういう部分は、最初の段階で決まっていな場合があります。


しかし、一緒に考えて作り上げていく。
こういう場合は、お引受します。

ターゲットはどうしましょうか?
資料を送る許可のアポから始める?

スクリプトのキャッチコピーはどんな感じが良いか?


色々考えながらテレアポをしなと、取れない時代です。

特に、数を多く掛けるだけのテレアポは成功しません。

思想と思考無きテレアポは成立しません。


是非、どうやったらアポが取れるか?

考えながらテレアポをして頂きたいと思います。

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.