テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 断りやすいトーク
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





断りやすいトーク

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「断りやすいトーク」です。

最近掛かってきたテレアポでこんなのがありました。


相手「私 ○○のAと申しますが、□□をやっていまして、
是非、お役に立ちたいと思っています。
何か困っていませんか?」

私「困っていません」

相手「失礼しました」


何か困っていませんか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この様に聞いて「困っている」って言いますかね。

しかも、私が「困っていません」と言ったら応酬話法も無く、
自分から電話を切りました。


断られるとラッキーと思う方が居ます。

そもそも電話が嫌いで、無理やりやらされている方は、
応酬話法はストレスになるので、断られた方が「気が楽」と思う方がいます。

断りやすい質問をしてはいけません。

質問をしてコミュニケーションをする事は良い事ですが、
質問の中身が良くないと効果がありません。


また、相手がいつも聞き慣れている会話も良くないです。

「資料の方ご覧頂けましたか?」

資料を送った後の会話ですが、資料が届くとこんな電話が掛かってくる事を
相手は100%分かっています。


そして、その質問がくると
「まだ、見ていない」となります。

見てないと言われると話が前に進みません。

こうなると、「では、また電話します」となってしまいます。

資料を見た・見ないなんて関係ないのです。

資料を受け取ると言った事実(見込み)が大切で、届いたかどうかの確認をして、
すぐにクロージングをするべきです。

「資料をお送りさせていただきましたが、届きましたでしょうか?」

届いた。でも資料見ていない
「そうですか、○○様も御忙しいと思いますので、
資料は時間のある時に見て下さい。
実は今回ご連絡をさせて頂いたのは、資料だけではなかなか分かりづらい部分も
ありますので、簡単にご説明をさせて頂いております。
色々とご意見を御伺いしたい事もあるので、是非御時間を頂きたいのですが、
つきましては、○日の○時と○日の○時のどちらがご都合がよろしいでしょうか?」


多くの会社がテレアポをしている今の世の中では、
他の会社もやっている様な・相手がいつもされている様なトークを使うと、
それに対する対応策が相手の中で出来上がっているので、あまり効果がありません。


柔道や格闘技ではありませんが、

こうきたらこうなる では こうする

返し技を考えておかないと、相手には勝てません。


テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.