テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 言い切らない
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





言い切らない

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「言い切らない」です。


最近のコンサルで気になった事があります。

スクリプトを各個人に作成をして貰って、その次に「ロープレ」を行います。

その時に、何名か、スクリプトに書いてある事に付け足してしゃべります。


例えば、「○○というシステムはお使いですか?」というスクリプトの場合。


「○○というシステムはお使いだとは思いますが、
今回お電話させて頂きましたのは、私どもも同じ様なシステムを
開発しておりまして、色々とご意見をお伺いしたと思いまして
お忙しいとは思いますが、ご回答願えませんでしょう?」

こんな感じです。

言いたい事は、大体同じです。

しかし、「長い」です。

こうなってしまう原因は、
・きちんとした日本語を使おうとする。
・言い切ると間が出来るので怖い。
・話している内に、相手の電話からの感じで勝手に興味がないと判断して、
長く説明しないといけないと思い込んでしまう。


・きちんとした日本語を使おうとする。
電話だと変な敬語になったり、やたらに丁寧な日本語を使おうとします。

普段の面談では使わない様な言葉を使ってしまいます。

やっている方は良い事だと思っていますが、電話の相手には?です。
言葉はシンプルな方が伝わります。

特に、電話の場合は視覚に訴える事が出来ないので、
シンプルに伝える事が重要です。


・言い切ると間が出来るので怖い。
「○○というシステムはお使いですか?」と言い切ってしまうと、この後は、
相手の答えを待たなければいけません。

多くのテレアポを行っている方は、相手の沈黙には恐怖心を感じるはずです。

「切られるかも」
「自分の言った事が伝わってないかも」

瞬時にこんな事を考えて言い切らないで、「付け足し」してしまいます。

でも、これは電話相手にとっては余計な事です。


また、相手の回答が怖いので、なかなかテレアポでは「質問」を
する人も少ないです。

質問をして相手の回答を待つ事や、相手がしゃべる事は怖いと思っています。

しかし、コミュニケーションは交互にしゃべってこそ成立します。
一方的にしゃべっては、残るのは威圧感だけです。


・話している内に、相手の電話からの感じで勝手に興味がないと判断して、
長く説明しないといけないと思い込んでしまう。

自分でしゃべっている内の「電話相手の感じ」から、
勝手に判断する方が多いです。

その結果、多くの方が、言い切らないで「付け足し」します。

しかし、「付け足し」すると本来伝えたい事からズレてきます。


言い切る部分は思い切って言い切る。

テレアポで相手の方が付き合ってくれる時間は30秒だと言われます。

出たしの「電話の主旨を伝える」部分はシンプルに短く言い切る事が重要です。

テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.