テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > しゃべるスピード
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





しゃべるスピード

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「しゃべるスピード」です。


通常、お年寄りとしゃべる時は、「大きな声でゆっくり話します」

耳の機能が衰えてくると、音が正確に聞こえなくなります。

祖母と一緒に「補聴器」を買いに行った時に、お店の人から
お年寄りが聞こえている状態のサンプル音を聞いた事があります。

ぼわーーとして、とても聞きづらかったです。

普段の会話でも、下記の様な事が起きます。

早口の人には、何を言っているのか聞き取ろうとして、付いていこうとする。

ゆっくりしゃべる人には、どういう内容か聞こうとする。

この違い分かりますか?


早口の人の場合は、全体としてどういった事を言っているのか?
こういう事を理解するので、精一杯です。

内容まで、聞き取る事は出来ません。


ゆっくりの人の場合は、言っている内容をしっかり聞く事が出来ます。

内容を理解する事が出来ます。

テレアポでは、どちらが良いのか?

それは言わなくても分かりますよね。


ゆっくりしゃべる事が重要です。

この様に私が言い続けているのは、意味があります。


電話は声だけで伝えるので、視覚が使えるものより伝わりづらいのです。

ですので、やり方を考えなければなりません。

そのひとつが「ゆっくりしゃべる」です。


早くしゃべると、そのスピードについていこうとするだけで、
内容はあまり聞き取れません。


主旨が伝わらないとアポは取れません。

伝える為には、「ゆっくりしゃべる」です。


早いスピードでしゃべると、そのスピードについていこうとする。
私は既に、こういう風に言いました、最後まで一生懸命聞いて、
それがテレアポだったりすると、がっかりします。

それに対して、ゆっくりしゃべっている人に対しては、
その内容をテレアポだと理解して聞いてくれます。
主旨が伝わっているので、必要ない時はそこで断る事が出来ます。

全て聞き終わってがっかりする事はありません。

話し方の中で、スピードを意識してしゃべる事も重要な事です。


テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.