テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > 物足りない
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





物足りない

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「物足りない」です。


最近、テレアポされた内容で比較的多い内容です。

一度断るとアッサリ引いてしまって、その段階で電話が終ってしまいます。


こんなテレアポが結構多いです。


弊社では、テレアポと分かってもきちんと話を聞きます。

内容によっては会う事もあります。

しかし、簡単には会いません。

「こう言ったら、どう返してくるか?」

これが知りたいので、一度は反論します。

でも、でも、でも

ほとんどの方が、応酬話法が無しにそこで終わりです。

私は「アラ、終わり・・・」

こんな感じで物足りなく思います。

 
断られたら、そこで終わりだとアポはなかなか取れないと思います。

そんな簡単に相手は会うとは言いません。


人は簡単に知らない人を受け入れません。

ですので、1回断れたらそこで終わりでなく、応酬話法が必要なのです。

相手の真意を確認しなければなりません。

こちらが会いたいと申し出をします。
しかし、相手は簡単に受け入れません。
「この人は誰?この会社は何の会社?どういう商品?会っても断れるかな?」

相手は瞬時に色々な事を考えます。

ですので、一度目の会いたいという申し出は断るのです。
「間に合っている。忙しい。資料を送ってくれ」

この様に言って、あなたの本気度をはかっています。
勿論、本心で「間に合っている。忙しい。資料を送ってくれ」と
言っている人もいます。

そこで、我々は、ウソを言っているかどうか見極めないといけません。

それが、応酬話法なのです。

応酬話法で切り返しても、相手が同じ事を言えば、それは本心と言えます。

応酬話法で切り返さない人は、応酬話法の準備が出来てないか、
テレアポを適当にやっている方です。

応酬話法はテレアポに必ず必要なものです。


そして、相手の方の言う事は大体決まっています。
「間に合っている。忙しい。資料を送ってくれ」等々

この様に言われたらどうやって切り返すか準備をしておけば良いのです。

こちらの本に応酬話法の具体例を掲載しています。
はじめてのテレアポ成功ブック
テレアポノウハウ本

何でも、そうですが、
「こうなったらこうするという想定と準備は必要です」


テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.