テレアポ・電話営業辞典 > ノウハウ・テクニック > お客様窓口が折り返し
無料レポート「すぐに使えるテレアポテクニック」
心理学応用のテレアポテクニック!





お客様窓口が折り返し

◇テレアポ・電話営業のノウハウ・コツ・極意・ポイント・テクニック・応酬話法

今回は、「お客様窓口が折り返し」です。


先日、ある雑誌に掲載されていた商品を見てみたいと思ったので、
その商品に書いてあった「お客様窓口」に電話をしてみました。


私「あの〜、○○という雑誌に掲載されていた商品はどこで売っていますか?」

相手「え〜と、折り返し担当者から連絡をさせますので、
ご連絡先を教えてください」


私「え、どこに売っているか教えて貰いたいだけなんですが・・・」

相手「ですから、折り返しさせて頂きます」

私「では、いいです」


この会社、誰でも知っている会社です(ただし、最近は業績が悪いですが)

商品がどこに売っているか聞くだけで、電話番号は教えたくないです。

商品の扱い店舗なら、マニュアル化しておけば済みます。


しかし、これが出来ていない。

これでは、「お客様窓口」とは言えないと思います。

マニュアル化

マニュアル化する事に否定的な方もいらっしゃるかもしれませんが、
ある程度の事はマニュアル化した方が良いです。


テレアポでは、スクリプトをある程度マニュアル化する事が重要です。

多くの方がテレアポをする場合は、アポ率を平均化する為に、
同じスクリプトを皆で使う。

細かい部分は個々人で変えても構いませんが、成功してアポが取れている部分は
皆で共通して行う。


また、どういうやり方が取れるのか。

この部分を話し合う事も重要です。

企業のコンサルに行くと、この「話し合う事」をやっていなかったりします。

その企業で取れている事例は私の方では分かりません。

そこで、コンサルの時は「話し合う事」を必ずやって貰います。

ここで出た意見は、その企業のオリジナルの内容なのでとても貴重です。

この内容を記録として残して貰う事も重要な事です。


テレアポにおいては「記録」が生きてきます。

アポが取れたスクリプトの記録
アポが取れたリストの記録 等々


この記録から傾向をマニュアル化すると、良いマニュアルが出来ます。


テレアポ通信講座 詳しくはこちら

今すぐクリック ↓ ↓

 テレアポ通信講座


 
驚異のテレアポ成功術


驚異のテレアポ成功話法


テレアポ成功ブック

昨年末に、この2冊を読んで、会社のトップアポイターになったと
手紙を頂きました。


1冊目で基本を学び、2冊目の内容で実践向きに応用したそうです。
最近やっと(笑)2冊目の内容に皆さん注目して頂いている様です。


セミナーに来れない方はDVDで!!

セミナーDVDはこちら ↓↓

セミナーDVD

私がテレアポしている映像です。
テレアポの基礎はこちら。
テレアポのノウハウはここにあります! ↓↓

サイト内検索
テレアポ・電話営業研究会

ファンページも宣伝する book2-pic.png book3-k.jpg
サイト管理者の書いた、テレアポのノウハウ本です。
無料メールマガジン「テレアポ新規開拓法!すぐ効く最強テレアポ心理学 」
現役アポインターによるテレアポの実践から培った心理学応用のノウハウ公開!!テレアポのマニュアル、トークやコツ・極意を紹介します(マガジンID:0000150818)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.